シーバスゲーム

関東大河川大遠投シーバスゲーム

昨夜もポジドライブガレージのメンバー3人で秋の荒食い真っ只中のシーバスゲームを堪能する事になり関東大河川に集合。

ポイントに到着すると先行者が複数おられたので、デザイナー飯村氏と今後のルアー開発とその他もろもろを話あっている事一時間、潮が止まったタイミングで先行していたアングラーさんが戻って来た。

釣果を訪ねてみるとイマイチとの事なんですが、入れ替わりに私達が入水。

この日は雨は降らなかったものの、私が訪れる日は必ず強風が吹き荒れ、非常に釣り憎い環境が迎えてくれる。

そうは言っても風裏となる場所があるのでなんとか釣りは出来るものの、そうした環境とは裏腹にベイトは移動し、それについて魚も移動してしまう事も多々ある。

アングラーからしたら釣りしやすい環境というのは魚にとっては悪条件。その辺はアングラー側と魚との駆け引きが大事で、ポイント選択次第では釣果が変わって来る事がありますが、そうした部分をルアーの飛距離とアクションでカバーする事もできる。

そんな訳で入水した所は前回訪れた時よりもイナッコの姿は見当たらない。どこかに移動した模様だが、水面をライトで照らすとサヨリが寄って来る。

大きさ的には15cm程のサヨリなんですが、ベイトが上ずっているのでルアーはスウィングウォブラー145ライトウェイトをチョイス。カラーはサヨリチックなモヒートを選択。

飛距離は他のルアーと比べて圧倒的に遠くまで飛んでいるものの、この日は風によってガチャ波が立っている為、水面よりも水面直下を引いて来ると早速ヒットしてきた。

ボイルしていなくても遠投先ではサヨリと同じレンジをシーバスが意識して捕食体制をとっている様子。

面白い様にランカー交じりで釣れるぞ!

秋のシーバスは凄くトルクがあるし魚体がとても綺麗だ。

各3人でスウィングウォブラーを投げてるけどカラーに関してはバラバラで、榊氏はG.Gサーディン。飯村氏はレッドヘッド、私はモヒートと色違いですが現状は色よりもアクションと飛距離、それに加えてルアーのレンジが釣果に結びつく結果でした。

勿論、その日その場所によってカラーリングは変えていった方が結果が変わる事もありますが、シーバスはアングラーが入って来れない領域では完全に警戒心が無いことが分かる。

釣りは奥深いものですね。

結局3人で複数のシーバスをキャッチして帰宅しました。

【TACKLE DATA】
ROD/TENRYU/SWAT92M
REEL/SHIMANO/STEELA4000
LINE/VARIVAS/AVANI SEABASS PE MAXPOWER X8 1.2
LEADER/VARIVAS/SEABASS SHOCK LEADER NYLON30LB
LURA/POZIDRIVEGARAGE/SWING WOBBLER145LS

 

 

 

関連記事

  1. お知らせ

    ポジドラルアーテスト

    スパンクウォーカー私がポジドラとの携わり当初から散々プロトモデルを…

  2. シーバスゲーム

    フィンバックミノー75s

    デイゲームでランカーシーバス今日は昼間に時間があったのでうなぎ漁に…

  3. シーバスゲーム

    秋のランカーシーバスハント

    先日の投稿に続き、関東大河川に向かった私はルアーデザイナー飯村氏と合流…

  4. シーバスゲーム

    初秋のランカーシーバス

    夏から秋へ前回のブログから少し間が空いてしまいましたが、更新する時…

  5. シーバスゲーム

    激流シャローに潜むランカーシーバス

    釣れてる所は誰でも行けるこの話は、こんなスタイ…

  6. シーバスゲーム

    スパンクウォーカー133Fカラー公開

    週明けスタート週末は多方面から来られるアングラーが多く、混雑する中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. シーバスゲーム

    秋のナイトシーバスゲーム
  2. シーバスゲーム

    激流シャローに潜むランカーシーバス
  3. シーバスゲーム

    追う者と追われる者
  4. シーバスゲーム

    初秋のランカーシーバス
  5. イベント

    利根川水系スナイパーCUP2018
PAGE TOP