タックル

2018ステラ

新型ステラ2018

今年に入り遂にリリースとなったSHIMANO18ステラ。

最近では暫くステラを使う機会が無かった事もあり、自分で所有しているステラは10ステラの4000番と4000XG。

だいぶ使い込んできたリールで、沢山のシーバスをヒットさせてきても特に壊れることが無く現在も所有してますが、発売から8年が経8っていますので久しぶりの購入を決意。

 

【18ステラ4000】

発売価格は7万前後と決して安い物では無いんですが、自分のフィッシングスタイルに合ったシーバスフィッシングをするにはやはり使った時の巻き心地、ランカーシーバスの鋭い走りを止めるドラグ力、それにハードな使用回数でも耐えられる耐久性を重視して使っていきたいところ。

こだわりの4000番ノーマルギヤ

キムラックスが過去にも先にもリールを一番使う番手は4000番ノーマルギヤ。これは、私の釣行スタイルでナイトゲームから朝マズメまでの釣行が一番多く、リーリングスピードもデッドスローからスローの領域での糸巻きで魚をヒットさせる事が得意なのです。大型のシーバスを狙っていく上で、弱ったベイトフィッシュを演出させ、しっかりとルアーを見せてあげる事でランカーシーバスのキャッチ率も上がっていきます。

デイゲーム主体のゲーム展開ともなれば話は変わってきてハイギヤは必要ですので各アングラーのスタイルに合わせてリールは選んだ方が良いです。

進化した内部ギヤ

内部構造に関してはギヤなどもかなりの進化を遂げているようですね!ステラに限らずリールにおいてはラインローラーの錆付きによる固着やシャリシャリ音が出る事が多々ありますが、そこは日々のメンテナンスによって解消できる部分。ラインをスプールに誘導する為の部分であり、一番汚れや海水に触る所です。使用後は真水で洗い流して乾燥させた後、オイル注入をしてあげましょう。

一般ユーザーの私からするとギヤの進化を遂げたとはいえ、内部構造の進化等々の事は無知ですので、出来るだけ長くストレスを抱えずに釣りを楽しめたら良い訳です。

これから8年位はこのステラに頑張ってもらいましょうかね♪

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. シーバスゲーム

    初秋のランカーシーバス
  2. お知らせ

    ブログ新設
  3. シーバスゲーム

    スパンクウォーカー133Fカラー公開
  4. シーバスゲーム

    関東大河川大遠投シーバスゲーム
  5. タックル

    2018ステラ
PAGE TOP